社長挨拶

上原 道家エイトノットのウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。
信州松本で薪ストーブを製作し販売をしています、薪ストーブ製作工房エイトノットです。薪の燃焼による炎の揺らぎとぬくもりから、私たちは快適な安らぎと癒しの恩恵を受けます。その恩恵は、森林環境に還元していかなければなりません。

日本の森林環境の最大の問題は『荒れた人工林があふれている』ことにあると近年良く耳にします。実際、放置され荒廃した人工林に足を踏み入れてみますと落葉樹の薪炭林は無く、代わりに植林された杉・檜・唐松など針葉樹が間伐遅れで密集し、風倒木はそのまま放置されこれでは山の総保水量が小さくなり河川への影響も心配になる状況です。
風倒木や間伐材を薪として利用することは、一度人間が中途半端に手を入れて放置してしまった『荒れた人工林』の再生につながり、健全な森林を育てることにもなります。
次の世代に今以上の環境を引き継ぐために、エイトノットは薪の地産地消を目指して森林環境整備に尽力します。

エイトノットの作る薪ストーブの基本デザインは、独自の燃焼方法と安全性を考慮し研究を重ねてきた結果生まれた8角形です。
針葉樹を燃やせる頑強な鉄鋼づくりの中にも、威圧感の無いシンプルで優しさあふれる8角形のフォルムに、オーナー様と造り手の思いを強い絆で結び付ける八の字縛りをかけて、工房の名前をエイトノット ―Eight Knotーとしました。

燃焼室内部はキャスタブルと呼ばれる1200℃に耐えられる高温耐熱素材で取り囲み蓄熱性に優れ、急激な温度上昇する可能性の多い針葉樹の薪などを、積極的に安心してご使用いただける構造です。
私の20年にわたる消防経験の中で、薪ストーブが原因の火災にも数多く出場しました。火災現場調査から具体的な危険性のポイントを掴み、その経験から独自の安全構造対策を構築しました。
陽だまりのような暖かさの薪ストーブには自然と人が集まり笑顔があふれ、家族の絆も深まります。
厳しい冷え込みの中訪ねてきた人が感動すらしてくれるこの暖かさは標準装備のオーブンで作る料理と相重なって最高のおもてなしとなることでしょう。しかしそれは、安全な薪ストーブであるからこそ培われるものと考えます。限界高温燃焼耐久試験・放水急冷却試験など過酷なテストの結果が生み出す頑丈さが
『製作者自身の安心』であり、エイトノットストーブをお使いになるオーナー様にとってはそれが本当の意味での『標準装備』となっています。
厳しい冬の寒さもきっと楽しくなる、安全で快適な薪ストーブを提案していきます。

平成26年1月吉日
有限会社 翔武
代表取締役 上原 道家

                           

会社概要

商号 有限会社 翔武 - しょうぶ
代表 代表取締役 上原 道家
住所 〒390-0804
長野県松本市横田4丁目6番32号 大きな地図で見る
TEL 0263-34-1151
FAX 0263-34-1150
事業内容 薪ストーブ製作、販売、設置工事
創業 昭和62年11月
営業時間 9:00~18:00
定休日 年末年始・夏季休業


大きな地図で見る

エイトノット ホームへ

  • All Maid in Japan 8ノット薪ストーブ お問合せ・資料請求はこちらから
  • All Maid in Japan 8ノット薪ストーブ 全国販売代理店募集中!
information