煙突パーツについて

煙突のはたらき

薪ストーブは暖められた空気の自然な対流によって燃えます。
この対流を促す大切な装置が煙突です。

煙突の性能が重要

煙突は、薪ストーブの性能を引き出す極めて重要な役割を担っています。
どんな高性能のストーブでも、煙突の性能が悪ければその性能は半減してしまいます。
煙突は、薪ストーブの本体以上に慎重に選び、施工を行うべきものでもあるのです。

ドラフトとは

煙突のもっとも基本的な機能は排煙ですが、排煙には炉内から煙を吸いだす力=ドラフトが不可欠です。暖かい空気は冷たい空気よりも軽いという原理に基づいて、煙をスムーズに排煙させるのですが、その煙突は上に長く真っすぐに伸びている方が有利です。

横引きが長いと ドラフトが弱まる

煙突が横になっている横引きの部分が長くなるほどドラフトの動きが弱まって、煙が煙突の中で滞り、結果的にストーブの暖房能力を弱めてしまうことになります。
また、煙に含まれるススやタールが煙突内に付着し、ススに着火して起こる 煙道火災を引き起こす原因となってしまいます。

煙突の選びかた

では、適正なドラフトを得るには、どんな煙突を選べばいいのでしょうか。煙突は大きく分けて、筒が一重のシングル煙突と、二重構造の中に断熱材が入った二重煙突があります。
この2つの煙突を、適宜使い分ける必要があるのです。

ドラフトは、熱を帯びた煙と冷たい外気との温度差によって生じることは前述したとおりです。つまり、外気で煙突自体を冷やしてしまうと 中を通過する煙の熱が奪われて、ドラフトが効きにくくなってしまうのです。

理想は高い排気温度

煙突の排気の力は温度による気体の上昇ですので、排気温度はある程度高い方が理想です。
高い温度はガスや水蒸気の粒化を防ぎ、ススやタールなどが煙突内に付着するのを防ぎます。
排気効率の良さは吸気の良さにつながり、自然換気により家の中の空気がリフレッシュされます。

カギになるのは、煙突をできるだけ冷やさないようにすることです。
断熱構造を持った二重煙突が有利なのは、この理由によるものです。

低温炭化

また、低温炭化という現象も知っておく必要があります。
これは、薪ストーブ本体や煙突からの輻射熱が家の壁を貫通して内部の木材を長期間熱し続け、最後には炭化させてしまう現象のことです。

炭化した木材は100℃以下の低温でも発火して火災になります。恐ろしいのは壁の表面には大きな変化がないため、発見が遅れてしまうケースが多いということです。

二重煙突が有効

低温炭化を防ぐ手段として有効なのは、やはり二重煙突です。
断熱効果により、シングル煙突では通常250℃以上に達する煙突表面温度を、二重煙突では90℃前後まで抑えることが可能だからです。

煙突施工費用

二重煙突の価格はシングル煙突と比較すると、はるかに高価です。しかし薪ストーブ本体や煙突は簡単に交換するものではありませんし、数十年と長くお使いいただくものです。
そこに安全性の妥協は許されないのです。

エイトノットが推奨する煙突の長さは、薪ストーブ本体から4.5m以上。横引きは1m以内。
二重煙突で施工する場合の費用は、おおむね1m あたり3万円(部材代込み)です。

 EightKnot Homeへ

  • All Maid in Japan 8ノット薪ストーブ お問合せ・資料請求はこちらから
  • All Maid in Japan 8ノット薪ストーブ 全国販売代理店募集中!
information