薪ストーブによる火災の原因 その1 低温炭化

低温炭化とは

薪ストーブによる火災の原因の1つに、低温炭化があります。
低温炭化とは長時間熱にさらされ続けることによって極度に乾燥が進み、木材が炭化することを言います。

建築物に使われる木材の発火点はおよそ400度ですが、低温炭化が進めば発火点はどんどん下がります。
壁の内部で起こる低温炭化は、表面上では進行の度合いがわからないので、ある日突然発火するという、
恐ろしい事態になりかねません。

薪ストーブからの輻射熱

ストーブの熱は遠赤外線による熱線により、体や家具などの物体に直接伝わります。
これを、輻射熱といいます。

熱源が大きく、距離が近ければ近いほど、より強い輻射熱を受けることになります。
ストーブは全方向に輻射熱を発するので、ストーブの周囲の床や壁などは、常に強い輻射熱にさらされます。

ただ輻射熱は直進するため、影響を与えたくない場所には、途中でその熱をさえぎってやればよいのです。

エイトノットの薪ストーブは、本体の底面と背面に高効率の熱反射板を搭載。
建物への熱の影響を、最小限におさえることに成功しました。

薪ストーブによる火災の原因 その2 煙道火災

煙道火災とは


薪ストーブの火災の原因の1つに、煙道火災があります。
これは、煙突内部に付着したススやタールに引火して、煙突内部が
燃え上がる現象です。

煙道火災を防ぐには、日常のメンテナンスによる煙突内部の清掃が
不可欠ですが、煙突にススが付きにくい燃やし方が大切です。

2次燃焼システム

エイトノットの薪ストーブには、2次燃焼システムを搭載しています。
1次燃焼で燃えきらなかったガスに再び空気を送ることで、より完全な燃焼に近づけるものです。

2次燃焼への手順

通常の燃焼から2次燃焼へ切り替えるにはワンレバーでできる簡単な手順があります。

①1次燃焼で燃焼室の温度をしっかりと上げます。
(吸気レバーを手前に引き、燃焼室の壁が白くなるように温度を上げる)

②吸気レバーを押しこみ吸入空気量を減らします、燃焼室内の空気の供給バランスが変化し 炎の動きが穏やかになり2次燃焼が目視できるようになります。

空気をしぼる

燃焼のための酸素が足りないと、加熱された薪は内部から可燃性のガスが発生して表面から立ち上がります。しかし酸素が不足しているために、ガスは燃焼することができません。

そこに火室の天井にある2次燃焼口から空気を送ります。
すると可燃性ガスに反応がおきて、2次燃焼をはじめます。

ススの少ない燃やし方

薪に直接空気を当てて燃やすだけではなく、薪を加熱することで発生する可燃性ガスを燃焼させることにより完全燃焼に近づけて、燃焼効率を高めることが煙突に付着する煤を減らすことにつながります。乾燥していない木を燃やし燃焼時間を長くするために必要以上に吸気量を減らしすぎて不完全燃焼になり、炎は見えるけれども暖かくなくしかも煤が大量に発生して煙突が詰まってしまうケースが最近多く見受けられます。
常に乾燥した薪を御使用頂き完全燃焼させた方が暖かいですし煤も出ません。

※熾き火が沢山出来たからといって乾いていない木を燃やすということは、せっかく完全燃焼しようとしている燃焼室に水を入れ消火作業を行いながら、近日中に起こるであろう煙道火災の準備をしていることなのだとご理解ください。

  • All Maid in Japan 8ノット薪ストーブ お問合せ・資料請求はこちらから
  • All Maid in Japan 8ノット薪ストーブ 全国販売代理店募集中!
information