暖房効率とは

薪ストーブに求める暖房効率とは、薪を効率良く燃焼させ熱に変えその熱を室内へより多く解き放すことにあります。
そのために排気損失などをできるだけ少量に抑え熱量を本体に蓄えることが重要です。
同じ炎でも通過する速度が遅いほど、伝わる熱量は多くなります。具体的には吸気を絞れば空気の流れは緩やかになり、多くの熱を伝えることになります。
しかし吸入空気が少なすぎれば次第に酸素不足による不完全燃焼となります。
では、どうすればいいのか。ゆっくりと完全燃焼するように燃焼室内において必要な場所へ必要量の空気を導いてやることにより完全燃焼させるようにすることが大切です。
エイトノットの薪ストーブは燃焼効率を高めるため燃焼室内を高温に保ち二次燃焼による完全燃焼を促すために4系統からの空気を供給します、それはシンプルにワンレバーで調整できるので取り扱いが非常に簡単です。

おき火

薪ストーブで十分な暖をとるために必要なのは当然ですが高い温度です、温度を上げるのは炎ではなく熾火です。燃焼室に熾火が無ければストーブ本体の温度は上がってくれません。
鍛冶屋さんが鉄を鍛えるとき部材を炎に掲げてはいません、赤色を通り越し白くも見える高温の炭やコークスの熾き火に入れ込んでお仕事している様子を映像で見かけたことがあると思います。
薪の太さや量を加減しながら熾火を作ってください。
熾火は少ない空気で発熱を持続してくれるので吸入空気を絞り煙突へ逃げる熱量を減らすことにより薪エネルギーの恩恵を受けることができます。

炎と煙のバランス

なぜ煙がたくさん出るのか。
それは不完全燃焼しているからで、炎の量と煙の量が つり合っていないからです。
熱(炉内の温度)、可燃ガス(薪から出る煙)、酸素(一次、二次吸気)
この3つのバランスがとれていないのです。
あまりの煙の多さなどで近所からクレームなど来ないよう完全燃焼させる術を覚えてください。
時間はかかりますが、極少量の焚きつけから徐々に熾火を増やしストーブの温度をゆっくり上げていくやり方で
煙突から出る煙を確認しながら焚いてみてください。薪は細く少量で空気の量をいつもより多く入れる感じです。
燃焼室に太い薪を詰め込んで火を付けた場合との差は歴然だと思います。
極端なやり方ですが経験してみる価値はあると思います、この様な経験を踏まえ上手に焚きつけて煙を減らし、
お使いの薪ストーブに馴れるとともに薪エネルギーを効率よくお使いいただきたいと思います。
それが安全にもつながります。

炎を予測する

焚きつけた後、熾火が十分作るため必要に応じて薪を足していくのですが、どのくらいの炎になるかを予測して、その炎に見合う薪を入れるようにします。火を長持ちさせるために必要以上の太い薪を入れても燃焼室の温度を下げ不完全燃焼になってしまうこともあります。そうすると煤も出て暖かい焚き方ではありません。

炎を制することで薪の持つエネルギーを室温に変化させるつもりで、楽しみながらコントロールしてください。

小さい薪から少し大きな薪へ

だんだん薪ストーブが暖まり、熾が十分にできたら少し大きな薪を適量入れます。
(追加の手間を減らしたいなど気持ちはわかりますが、大きすぎる薪を入れないでください)
太すぎない薪を適量使うことで煙の出る量は、かなり軽減できます。
煙が出ているということは、可燃ガスを大気中に出しているということです。
薪は貴重な資源ですので煙にするのではなく、すべて熱源に変えるようにしたいものです。

wood-stove_flame

  • All Maid in Japan 8ノット薪ストーブ お問合せ・資料請求はこちらから
  • All Maid in Japan 8ノット薪ストーブ 全国販売代理店募集中!
information